イドカバネット > 部屋の隅への設置はNG…ベッドやマットレスのカビ対策
きれい
2015/08/18

部屋の隅への設置はNG…ベッドやマットレスのカビ対策

イドカバネット

お盆が過ぎると暑さもひと段落。
しかし、ここから台風の季節と、秋に向けて雨が多くなるシーズン。また、カビに悩まされる時期がやってきます。

 

今回は、いろいろな衣類や生活用品のカビ対策でも、ちょっと忘れがちな「ベッドフレーム」「マットレス」のカビ対策をお届けします。

 
下に続く



全国10,000店舗で配付中のフリーペーパー WOMAN'S GATE

 《フリーペーパー》100万人の女性のための生活情報紙「WOMAN’S GATE」2019冬号

紙面PDFはこちらから。

 


 

 




条件が揃うと、当然ベッドもカビます

ふとんを万年床にしていると、床やふとんがカビるのと同様に、ベッドに敷かれたマットレスや床板・ふとんだって同様。条件が整うとカビが発生します。


カビの発生原因は「栄養素」「温度」「湿度」です。この3つが揃うと生えてきますが、一つでも条件が足りないとカビは発生しません。だからこそ、日ごろの注意が必要なのです。

カビはアレルギー疾患の原因だけでなく、肺真菌症やカビ肺炎などを怖い病を引き起こす原因でもあります。

いますぐにできるカビ対策として、一番コントロールしやすい「湿度(湿気)」を除去。

ベッドの周辺に空気の流れを与えることから、考えていきましょう。

 

壁際に設置しない

ベッドの設置場所はどこですか?

ベッドの設置場所は四隅は厳禁

ベッドにカビが生えないのは、ベッドの下の空気が常に流れていること。これが必須条件です。

したがって、ベッドを壁際や部屋の隅に設置していると、どうしても空気の流れができにくくなります。

たとえ四隅に設置するとしても、壁際から10ー15センチは離してください。このたった10センチでも空気の流れはできます。


毎日、昼間はふとんは剥いで、マットレスを乾燥させる

昼間は掛け布団は剥いで、マットレスの乾燥をしましょう。見た目は掛け布団がきれいにかけてある方がきれいですが、昨夜かいた汗が蒸発しても、マットレスとふとんの中を行き来しています。

室内でのふとん干しは、パイプハンガーラックなどを活用すると良いでしょう。
パイプハンガーラック写真


ベッド本体や床板を乾かす

お部屋の掃除の時など、こまめにマットレスを立てかけてるなどして、ベッド本体や床板の除湿を行いましょう。

できれば、エアコンの冷房や除湿などの空調と合わせて。部屋の湿度が高い時は、逆に湿気を吸ってしまいます。


床板の除菌

この床板を干している間、できれば床板の拭き掃除を。

この時、塩素系漂白剤を250倍に希釈した液を綺麗なタオルに含ませ固く絞り、それで床板を拭きます。拭いた後はタオルを水道水ですすぎ、固く絞り、もう一度水拭きして残った漂白剤を取り除きます。

ペットボトル

250倍の希釈とは、500mlのペットボトルに塩素系漂白剤2cc(ペットボトルのキャップに半分以下・キャップ一杯が5ccです)いれた薄さです。

床や棚など拭き掃除で使用している雑巾で拭いてしまいがちですが、雑巾には他の場所を拭いた時の雑菌やカビの胞子なども含まれています。汚い雑巾で拭くことでカビが発生しやすくなるので、きれいなタオルで拭きましょう。拭き掃除が終わったら、その後も十分に乾かしてください。


ベッドの下には物を収納しない

ベッド周りや下の通気がとにかく大切です。ベッドの下に引き出しが付いて収納できるものも、ここには何も入れないのがベストです。

本来ならば引き出しは外したいところですが、床板の乾燥を行っている時に、この引き出しを開けて通気させてください。


吸湿シートや除湿マットを

体から出た汗をぐんぐん吸ってくれるのが、これらの吸湿シートや除湿マットです。

除湿マット
出典:セシール 湿気対策 除湿マット

安くても数千円の商品ですが、除湿されると色が変わるなど、センサーがついているものもありますので便利です。

一度使うとやめられない…と高評価の商品群です。


最後に、部屋自体の除湿を

晴天時に窓を開けたり、空調を上手に利用するなど、他のカビの発生を防ぐためにも、部屋の除湿は大切です。

部屋の換気で除湿を

うちは大丈夫・・・と安心してはいけません。

カビはどこででも発生します。

まずはマットレスを立てかけて、床板にカビが発生していないか確かめましょう!









この記事を書いた人
関 誠(Makoto Seki)
ゼンドラ株式会社・代表取締役

クリーニング・テキスタイルレンタル業界の専門新聞社。当サイト「イドカバネット」の運営を行ないながら、洗濯の楽しさ・クリーニングの素晴らしさを伝える。最近は、洗濯サービスと他業とのコラボレーションを研究し全国を奔走している。
オフィシャルサイト http://www.zendora.co.jp

 






関誠の最新記事



関連情報:カビやふとんに関するこちらの記事もよく読まれております。

20150529-Asano-cover2.jpg
カビ・ニオイ対策 梅雨に革靴と上手に付き合う簡単お手入れ

20150611-Yamamoto-cover.jpg
危険な梅雨シーズン 大切な洋服をカビから守る12の鉄則!

20150530-Hibiki-cover.jpg
カビ取り剤5本で取れなかったカビが落ちる!?プロのスゴ技!!

20150406-Mihara-photo3.jpg
日本人の多くが間違っている 正しいふとんのお手入れ(1)

日本人の多くが間違っている 正しいふとんのお手入れ(2)

 

20150602-Seki-cover.jpg
梅雨のふとん干し 雨上がりは午前中に干してはいけないワケ

201412-Mika-Futon-cover.jpg
ふとんを干す最適な時間。夏場と冬場で違うのをご存じでしたか?


イドカバネットは
衣類やお洗濯・お掃除など日常生活にまつわる情報を毎日お届けしています
気に入ったらFACEBOOKやTwitterから更新情報を入手してね



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事

イドカバネット過去の人気記事
20150128-Seki-cover.jpgYシャツをきれいにたたむプロの技と旅行のパッキングのコツ
20150425-Enomoto-cover.jpgGW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス
20150407-Asano-cover.jpg今すぐ実践!自宅でできる白シューズの正しいお手入れ!
20150216-Enomoto-cover.jpg洗って完璧!柔軟剤で引き寄せない!洗濯でできる花粉症対策
20150220-Nakamura-cover.jpg乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!
fastnar-photo01.jpgこれでイライラ0%!! ファスナーの滑りを良くする方法
20150112-Mika-cover.jpg結婚前に知っておきたい女を磨く洋服の知識・ウール製品の洗いかた
20150330-Yamamoto-cover.jpg面倒なんて言わせない 大切なお洋服を守る これで完璧!収納法
201412-osouji-yuka-cover.jpgこんなところも大掃除…誰でも簡単にできる”洗濯機の洗濯”
20150320-Nakamura-cover.jpg色移り解消の魔法の呪文「すぐに濃いめの熱いお湯」
20150404-Mika-cover2.jpg痩せて見える/ふっくら見える 色と見た目の深い関係・1
20150312-Yamamoto-cover.jpgニッポンのすべての女性に!衣替えで役立つ「3秒ルール」
20150513-Seki-cover.jpg洗濯物臭くないですか?部屋干しニオイ対策は、まず洗濯槽の洗浄を
20150318-Mihara-cover.jpg型崩れ防止をできる 長期収納向けのハンガーとはどんなもの?
20150110-moemoe-cover4.jpg実はめっちゃ汚い!!一枚のバスタオルを何日使いますか?
20150107-Aya-cover3.jpgつい持ち歩きたくなる?ニットのほつれを瞬時に隠す「魔法の針」
20150428-Mihara-cover3.jpgエステなどオイルまみれのタオルをスッキリきれいにするには
74a7c805d125814aec5797843fc.jpgニットを着る人には知っていて欲しい素材の特徴とお手入れ方法
20150414-moemoe-cover.jpg100均アイテムで作れる超かんたんミサンガのつくり方
20150426-Fukusawa-cover.jpg荷物を軽量に!キャンプや旅先で役立つお洗濯グッズ
SHARE
Twitter
Facebook
Line
google
Hatena
PAGE TOP