イドカバネット > 乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!
お洗濯
2015/02/20

乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!

イドカバネット

まだまだ、寒い日が続き、洗濯物もスッキリ乾かない・・・なんてあなたに!


いつもより速くスッキリ乾く、干しのコツをご紹介!!

 

まずはじめに

下に続く



全国10,000店舗で配付中のフリーペーパー WOMAN'S GATE

そもそも「ドライ」って何?ドライクリーニング特集

バンダイ「ずっと ぎゅっと レミン&ソラン」が当たるプレゼントコーナーも

《フリーペーパー》100万人の女性のための生活情報紙「WOMAN’S GATE」2017秋号

紙面PDFはこちらから。

 


 

 



●洗濯物を乾かすポイントには、どんなものがあるでしょうか

衣類が乾くときにポイントとなる要素についてすこし考えると、「表面積」「湿度」「温度」「風」がポイントになることがわかります。

「表面積」というのは、洗濯物の表面積を広げるという意味。

 

どうしても重なった部分は乾きにくくなるので、例えば

 

・シャツであれば襟を立てたりボタンをはずす

・パンツであれば筒状にしたり裏返すことで繊維の重なりを軽減、風に当たりやすいようにします。

 

「湿度」は、湿った空気を逃がすという工夫の必需性。


・換気扇で強制的に湿った空気を外に出す

・扇風機で風を起こすことで湿気を飛ばす

・除湿器があれば湿度を取り除くには一番最適です

 

「温度」に関しては、気温の高さ、室温の高さは洗濯物の乾きを早くしてくれます。

 

気温の低い日冬の場合は、室内のほうが乾きやすいということも多いです。

 

そして「風」。水分を飛ばすという意味においては、自然の風や扇風機やエアコン、また除湿機の送風などによる風はとても有効です。

 

以上の4つは、たし算のようなもので、どれかがゼロに近い状況だと合計ポイントが低くなってしまい乾きにくいということになります。

 

ですから、どれかが低い点数なら取れるところで点数を稼ぐ。出来るだけ合計得点を上げるようにするとはやく乾かすことができます。

 

冬場は特に湿度と温度でポイントが下がりやすいので、どう挽回するのか?が重要になります。

 

 

●表面積を意識した干し方

 

洗濯物が早く乾くために、干し方も見直してみましょう。

 

<ワイシャツ>

襟は立てて、ボタンは一番上の襟部分だけをとめて。あとは全部外す、袖のボタンも外す。こうすることで、重なる部分を最小限にできるので、乾きやすくなります。

部屋干しワイシャツ

 

<ロンTやニットなど>

脇の下などが乾きにくいので、ハンガー2本使って袖を持ち上げるように。ニットの場合は袖の伸び防止にもなります。

部屋干しロンTやニットなど


<冬場でもインナーとして着る機会の多いTシャツなど>

内側に空気が入るように、2本ハンガーを使って干す

部屋干しTシャツ
 

<くつした>

靴下は、足裏部分の方が分厚くなっているものが多いので、つま先の方をとめて干す。ゴム部分の伸び防止にもなる。

部屋干し靴下

 

<パーカー(特にフードが乾きにくい)>

逆バンザイ干し。トレーナーなども脇の下が乾きにくい場合もこの方法がオススメ。

部屋干しパーカー

 

<ジーンズ>

裏返して、出来れば筒状に干す。スペースがない場合はハンガーに。

部屋干しジーンズ


<厚手のタオル(バスタオルや足ふきマット等)>

タオルなどは、きっちり重ねて干す方が多いですが、空気が触れやすくなるように、すこし長さを変えた「ずらし干し」が乾きやすいです。

部屋干しバスタオル

 

このように、表面積を意識した干し方をしたあとで、

・ 室温をあげる

・湿度を下げる

・風を起こす

の要素を組み合わせていけば、いつもより速く、そしてスッキリ乾くはずです。

 

ぜひお試しを!









この記事を書いた人
中村 祐一(Yuichi Nakamura)

“洗濯王子”の愛称で呼ばれ、テレビや雑誌などの各種マスメディアでも活躍中。
東京都内で、日本で唯一の洗濯専門の教室「SentakuStudio」を主宰している。また、自身のホームページでは、洗濯に関する相談などを受け付け広く洗濯の啓蒙に力を注いでいる。

オフィシャルサイト http://www.sentaku-yuichi.com/

 




中村祐一の最新記事


<関連記事> 洗濯物の干し方について、こちらの記事もよく読まれております。

 201412-Mika-Futon-cover.jpg

ふとんを干す最適な時間。夏場と冬場で違うのをご存じでしたか?

20150408-Nakamura-cover.jpg
アイロンがけなしでもシワ無く着れるとっておきの干し方!

relax.jpg
時短家事で、ゆとりと自由時間を増やそう♪

20150204-Yamamoto-cover.jpg

風を操り湿気を制す!洗濯のプロが教える冬の洗濯物の干し方


イドカバネットは
衣類やお洗濯・お掃除など日常生活にまつわる情報を毎日お届けしています
気に入ったらFACEBOOKやTwitterから更新情報を入手してね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事

イドカバネット過去の人気記事
20150128-Seki-cover.jpgYシャツをきれいにたたむプロの技と旅行のパッキングのコツ
20150425-Enomoto-cover.jpgGW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス
20150407-Asano-cover.jpg今すぐ実践!自宅でできる白シューズの正しいお手入れ!
20150216-Enomoto-cover.jpg洗って完璧!柔軟剤で引き寄せない!洗濯でできる花粉症対策
20150220-Nakamura-cover.jpg乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!
fastnar-photo01.jpgこれでイライラ0%!! ファスナーの滑りを良くする方法
20150112-Mika-cover.jpg結婚前に知っておきたい女を磨く洋服の知識・ウール製品の洗いかた
20150330-Yamamoto-cover.jpg面倒なんて言わせない 大切なお洋服を守る これで完璧!収納法
201412-osouji-yuka-cover.jpgこんなところも大掃除…誰でも簡単にできる”洗濯機の洗濯”
20150320-Nakamura-cover.jpg色移り解消の魔法の呪文「すぐに濃いめの熱いお湯」
20150404-Mika-cover2.jpg痩せて見える/ふっくら見える 色と見た目の深い関係・1
20150312-Yamamoto-cover.jpgニッポンのすべての女性に!衣替えで役立つ「3秒ルール」
20150513-Seki-cover.jpg洗濯物臭くないですか?部屋干しニオイ対策は、まず洗濯槽の洗浄を
20150318-Mihara-cover.jpg型崩れ防止をできる 長期収納向けのハンガーとはどんなもの?
20150110-moemoe-cover4.jpg実はめっちゃ汚い!!一枚のバスタオルを何日使いますか?
20150107-Aya-cover3.jpgつい持ち歩きたくなる?ニットのほつれを瞬時に隠す「魔法の針」
20150428-Mihara-cover3.jpgエステなどオイルまみれのタオルをスッキリきれいにするには
74a7c805d125814aec5797843fc.jpgニットを着る人には知っていて欲しい素材の特徴とお手入れ方法
20150414-moemoe-cover.jpg100均アイテムで作れる超かんたんミサンガのつくり方
20150426-Fukusawa-cover.jpg荷物を軽量に!キャンプや旅先で役立つお洗濯グッズ
SHARE
Twitter
Facebook
Line
google
Hatena
PAGE TOP