イドカバネット > GW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス
きれい
2015/04/25

GW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス

イドカバネット

早い人だとそろそろ突入するゴールデンウィーク。

長くて2週間近くお休みされる方もいらっしゃるかと思いますが、インドア派の方にはこの長い休み中にぜひ普段のお部屋を最高に快適な空間にしていただきたい!

ということでキレイのポイント、まとめてみました。



1:空気をキレイに!部屋も洋服も


 ご存知でしたか?家の中にある化学物質。実は1,000種ほど存在しているそうです。また、クリーニング師の国家試験を受ける際にも勉強しましたが、微生物の種類も普段目に見えないだけで、身の回りに常にたくさんいるらしい。。。ので、自分が思うより「2割~3割増しキレイ」を目指すくらいで、本当のきれいに近づくのかもしれません。

●花粉症ではない場合、頻繁に窓を開けて新鮮な空気を室内に入れる
●また、新鮮な空気が生成されるので、観葉植物を置く
●料理をする際は油や火の使用で有害な化学物質が発生するので、なるべく狭い部屋でガスは使わないことと、換気扇の使用もお忘れなく!

引用:体調悪いのは部屋の毒素が原因!「家もデトックス」しなきゃヤバイ



★部屋の話から少し飛びますが、「換気」という点では、洋服にクリーニング店から帰ってきたままのビニールがかかっていませんか?ビニールはあくまで一時的なほこりよけです。洋服にもしっかり良い空気を吸わせて下さいね^^

 

詳しくはこちらもご覧ください(イドカバネット)
部屋とビニールとわたし

 

2:掃除用品と洋服の複雑な関係に注意!

●汚れを落とすための掃除用スプレーなどには、強烈な刺激臭のほか、人体に有害な化学物質がたくさん含まれる。

引用元:体調悪いのは部屋の毒素が原因!「家もデトックス」しなきゃヤバイ

 

体や環境に優しい無害な製品、または重曹などで掃除してみたいところですが、場所によっては必要に駆られる場面もあるかもしれません。

 

★お掃除時に注意したいこととしては、ラメが入った洋服にこういった掃除スプレーの製品が付着した場合に、そのラメ部分が消失(ラメが消える)してしまいます。

考えられる場面としては、トイレ掃除の際に、塩素系などの強力な洗剤を用いていた際に、服に付着してしまうケースです。

ラメが入ったおしゃれ着などのお気に入りは、掃除のときには着ないようにするか、その上に汚れても良い上着等を着てから掃除してくださいね。掃除に夢中になってしまうと意外と掃除用品の洋服へのハネには無頓着になっているものです。


ラメ入りの洋服以外・生地でも、掃除用スプレーが付着することでの変色は考えられますので、注意したいところですね。


3:普段使いのものに、リサイクルの意識を

誰の家にもある

プラスチックでできた食品用ラップや保存容器。これらには、ビスフェノールAやフタル酸エステルなどの環境ホルモンが含まれていることも多い。

引用元:体調悪いのは部屋の毒素が原因!「家もデトックス」しなきゃヤバイ

 

これらを電子レンジで使うと非常に危険な物質が染み出てくるため

容器はガラス製にするのがベスト。または、プラスチック製でも環境ホルモンが使用されていないものを使おう。

引用元:体調悪いのは部屋の毒素が原因!「家もデトックス」しなきゃヤバイ

 

★また、家のクローゼットには、クリーニング店で引き取りをした際に付いているハンガーが溜まってきていませんか?

 

最近ではハンガーリサイクルに取り組んでいるクリーニング店が増えてきています。(基本的にはその店で使用しているハンガーの引き取りです。ハンガー屋さんに聞いたところ、針金でもプラスチック製でも、リサイクルは可能なようです)。

 

洋服の整理とともに、忘れがちなハンガーリサイクルにも是非トライを!(ご利用のクリーニング店へお問い合わせくださいね)

 

 

4:カーペットを敷くべきか、敷かざるべきか。。。

 

カーペットにはさまざまな汚れやホコリ、ダニの死骸などのアレルゲンがわんさか。

引用元:体調悪いのは部屋の毒素が原因!「家もデトックス」しなきゃヤバイ

 

おまけに、カーペットには

 

化繊が使用されていることが多く、たくさんの化学物質が含まれている。また、これによって独特のにおいがする場合も多い。

カーペットを部屋中に敷き詰めるのは避け、ジュート(コウマ)や竹など天然繊維を使ったラグを使うと、ホコリが溜まらず掃除も簡単、見た目もオシャレだ。

引用元:体調悪いのは部屋の毒素が原因!「家もデトックス」しなきゃヤバイ

 

さて、ここであなたは重要な選択ポイントに来ました。

 

おしゃれだが、冬は寒い天然ラグ。そして、ふわふわで座り心地の良いカーペットのいずれかを。

 

後者を選ぶなら、洗濯表示を確認して、できればワンシーズンに一回、少なくとも半年に一度はお洗濯してすっきり部屋を目指しましょう。

 

普段意識しない・割と放置してしまっている、キレイのあれこれ。ゴールデンウィーク中にお部屋とクローゼットのデトックス、してみませんか?

この記事を書いた人
榎本香代子
つるやクリーニング(清香株式会社)


さいたま市で80年以上続く、つるやクリーニングの四代目跡取り。通常の一般衣類クリーニングと並行して、衣類のリサイクルにも取り組んでいます(衣類買取・リユース・リサイクル・リメイク)。地域の中にある、衣類の洗いから循環までのニーズを受け止め活かす方法を、模索しています。

オフィシャルサイト
http://www.tsuruyacleaning.co.jp/

 







 



<人気記事> お片づけの基本!こちらの記事もよく読まれております。

201412-osouji-cover1.jpg
大掃除の鉄則(1)大物を攻めるよりも、まずは細かな見栄えから



イドカバネットは
衣類やお洗濯・お掃除など日常生活にまつわる情報を毎日お届けしています
気に入ったらFACEBOOKやTwitterから更新情報を入手してね

 

 


 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事

イドカバネット過去の人気記事
20150128-Seki-cover.jpgYシャツをきれいにたたむプロの技と旅行のパッキングのコツ
20150425-Enomoto-cover.jpgGW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス
20150407-Asano-cover.jpg今すぐ実践!自宅でできる白シューズの正しいお手入れ!
20150216-Enomoto-cover.jpg洗って完璧!柔軟剤で引き寄せない!洗濯でできる花粉症対策
20150220-Nakamura-cover.jpg乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!
fastnar-photo01.jpgこれでイライラ0%!! ファスナーの滑りを良くする方法
20150112-Mika-cover.jpg結婚前に知っておきたい女を磨く洋服の知識・ウール製品の洗いかた
20150330-Yamamoto-cover.jpg面倒なんて言わせない 大切なお洋服を守る これで完璧!収納法
201412-osouji-yuka-cover.jpgこんなところも大掃除…誰でも簡単にできる”洗濯機の洗濯”
20150320-Nakamura-cover.jpg色移り解消の魔法の呪文「すぐに濃いめの熱いお湯」
20150404-Mika-cover2.jpg痩せて見える/ふっくら見える 色と見た目の深い関係・1
20150312-Yamamoto-cover.jpgニッポンのすべての女性に!衣替えで役立つ「3秒ルール」
20150513-Seki-cover.jpg洗濯物臭くないですか?部屋干しニオイ対策は、まず洗濯槽の洗浄を
20150318-Mihara-cover.jpg型崩れ防止をできる 長期収納向けのハンガーとはどんなもの?
20150110-moemoe-cover4.jpg実はめっちゃ汚い!!一枚のバスタオルを何日使いますか?
20150107-Aya-cover3.jpgつい持ち歩きたくなる?ニットのほつれを瞬時に隠す「魔法の針」
20150428-Mihara-cover3.jpgエステなどオイルまみれのタオルをスッキリきれいにするには
74a7c805d125814aec5797843fc.jpgニットを着る人には知っていて欲しい素材の特徴とお手入れ方法
20150414-moemoe-cover.jpg100均アイテムで作れる超かんたんミサンガのつくり方
20150426-Fukusawa-cover.jpg荷物を軽量に!キャンプや旅先で役立つお洗濯グッズ
SHARE
Twitter
Facebook
Line
google
Hatena
PAGE TOP