イドカバネット > 「最近、このセーター暖かくないなぁ」と感じた時にまず疑うべきこと
お洗濯
2018/02/03

「最近、このセーター暖かくないなぁ」と感じた時にまず疑うべきこと

イドカバネット
買って初めて着た時、「暖かい」と感じたセーター。
最近、ちょっと冷たくてあまり暖かくないと感じたことはないですか?

その原因は、ズバリ、セーターの繊維表面を覆い尽くした汚れと繊維の中に入りこんだ汚れのせいなのです。

目立ったシミや汚れがないから、汚れていないと思われるかも知れません。しかし、残念ですが、
着用によって、知らず知らずのうちに全体に汚れが蓄積してしまっているのです。全体的に汚れると、
汚れていないと錯覚してしまいます。

汚れていないと思いながらも、洗濯したら、色柄が鮮明になったという経験をされた方ならおわかりになると思います。なぜ、汚れが蓄積すると暖かくなくなるでしょうか?

下に続く


全国10,000店舗で配付中のフリーペーパー WOMAN'S GATE

《フリーペーパー》100万人の女性のための生活情報紙「WOMAN’S GATE」2018夏号

紙面PDFはこちらから。

 


 

 





その理由は、なぜ、セーターが暖かいのかを知ればおわかりになると思います。

セーターに使われる繊維素材は、主にウール(カシミア、アンゴラ等)、アクリルです。
特にウールのセーターが暖かいのは、ウールの形状にその秘密があります。
一本、一本の繊維をよりあわせて一本の毛糸にしています。
繊維にはクリンプ(縮れ)があります。

その縮れに秘密があります。

クリンプの中には、約60%の空気を含むことができます。
空気は、断熱性があり、クリンプの空気層が外気を遮断して、体を寒さから守るのです(断熱効果)。

また、ウールには吸湿発熱効果があります。
ウールの吸湿性が静電気の防止なると同様に、ウールの表面にある鱗(キューティクル)による気化熱によって暖かいのです。

このような理由でウールのセーターが暖かいのです。

クリンプ、キューティクルに汚れが付着すると二つの効果か失われてしまいます。
それが、ウールのセーターが暖かくないと感じる原因なのです。


続いてアクリルのセーターについてです。
アクリルのセーターが暖かくなくなる原因は、断熱効果の低下です。

アクリルは、ウールのように柔らかい風合いもつ繊維として開発された合成繊維です。アクリルは、ウールより保温性という点では劣りますが、丈夫で安価で色鮮やかに染色することができる合成繊維です。

難点は、ウールほど暖かくなく、静電気(吸湿性がない)が起こりやすいことです。

アクリル製のセーターも、ウールと同様に汚れると暖かくなくなります。静電気が起こりやすいことから、ウールに比べて汚れが付きやすいのも難点かもしれません。

アクリル製のセーターは、ご家庭で比較的簡単に洗濯できるで、お財布にやさしいアイテムだと思います。

洗濯後、静電気防止のために柔軟剤を必ず使うことオススメします。
いずれにしても、きちんとしたお手入をすることによって、ウールやアクリルのセーターを暖かく着用することが出来ます。


ご家庭でのウール、アクリルのセーターのお手入れについては、以下の記事も参考にしてください。

ニットを着る人には知っていて欲しい素材の特徴とお手入れ方法
http://www.idokaba.net/article/2014/11/08/24

知っていますか?手洗いできるニットと洗濯のポイント
http://www.idokaba.net/article/2016/02/18/636









この記事を書いた人
亀田晋一(Shinichi Kameda)
クリーニング寿 店主


目指すは「衣類のお医者さん」。品質を重視して、京都市東山区で染み抜き実績60年。地元の小中一貫校のブラスバンドの無料クリーニングも行うなど、地元の社会的貢献にも務めています。服を大切にするみなさんのお困りごとを解決していきます。

オフィシャルサイト
http://www.クリーニング寿.com

 







亀田晋一の最新記事



イドカバネットは
衣類やお洗濯・お掃除など日常生活にまつわる情報を毎日お届けしています
気に入ったらFACEBOOKやTwitterから更新情報を入手してね




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事

イドカバネット過去の人気記事
20150128-Seki-cover.jpgYシャツをきれいにたたむプロの技と旅行のパッキングのコツ
20150425-Enomoto-cover.jpgGW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス
20150407-Asano-cover.jpg今すぐ実践!自宅でできる白シューズの正しいお手入れ!
20150216-Enomoto-cover.jpg洗って完璧!柔軟剤で引き寄せない!洗濯でできる花粉症対策
20150220-Nakamura-cover.jpg乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!
fastnar-photo01.jpgこれでイライラ0%!! ファスナーの滑りを良くする方法
20150112-Mika-cover.jpg結婚前に知っておきたい女を磨く洋服の知識・ウール製品の洗いかた
20150330-Yamamoto-cover.jpg面倒なんて言わせない 大切なお洋服を守る これで完璧!収納法
201412-osouji-yuka-cover.jpgこんなところも大掃除…誰でも簡単にできる”洗濯機の洗濯”
20150320-Nakamura-cover.jpg色移り解消の魔法の呪文「すぐに濃いめの熱いお湯」
20150404-Mika-cover2.jpg痩せて見える/ふっくら見える 色と見た目の深い関係・1
20150312-Yamamoto-cover.jpgニッポンのすべての女性に!衣替えで役立つ「3秒ルール」
20150513-Seki-cover.jpg洗濯物臭くないですか?部屋干しニオイ対策は、まず洗濯槽の洗浄を
20150318-Mihara-cover.jpg型崩れ防止をできる 長期収納向けのハンガーとはどんなもの?
20150110-moemoe-cover4.jpg実はめっちゃ汚い!!一枚のバスタオルを何日使いますか?
20150107-Aya-cover3.jpgつい持ち歩きたくなる?ニットのほつれを瞬時に隠す「魔法の針」
20150428-Mihara-cover3.jpgエステなどオイルまみれのタオルをスッキリきれいにするには
74a7c805d125814aec5797843fc.jpgニットを着る人には知っていて欲しい素材の特徴とお手入れ方法
20150414-moemoe-cover.jpg100均アイテムで作れる超かんたんミサンガのつくり方
20150426-Fukusawa-cover.jpg荷物を軽量に!キャンプや旅先で役立つお洗濯グッズ
SHARE
Twitter
Facebook
Line
google
Hatena
PAGE TOP