イドカバネット > その圧縮シワ戻りませんよ!ふとんや衣類圧縮袋の正しい使い方
きれい
2015/05/22

その圧縮シワ戻りませんよ!ふとんや衣類圧縮袋の正しい使い方

イドカバネット

ちょっとまって、その収納方法。次に使う時は、シワが戻りません!!


この時期に、利用することが多い圧縮袋。

お布団の収納、衣替え、旅行、などに、かさばる物をコンパクトにまとめる事が出来る優れもの。

ですが、正しく使わないと次に使う時に皺だらけになるなど、ちょっとした注意が必要です。

今回は、圧縮袋の正しい使い方と注意点をまとめてみました。

下に続く



全国10,000店舗で配付中のフリーペーパー WOMAN'S GATE

 《フリーペーパー》100万人の女性のための生活情報紙「WOMAN’S GATE」2019冬号

紙面PDFはこちらから。

 


 

 




圧縮袋のタイプ

掃除機で吸引(バルブ式)

大きなお布団などを、圧縮するタイプ。サイズも大きく、掃除機で袋の中の空気を吸引する事で、圧縮していきます。

掃除機で圧縮していく時は、3分以内で吸引しましょう。中の空気を最後まで出し切るために、吸引しすぎると掃除機に負担がかかり、壊れてしまいますよ。


布団圧縮は3分以内に

出典:セシール


手で空気を押し出す(逆止弁付)

小さなサイズで、旅行のパッキングや、赤ちゃんのオムツなどをコンパクトにまとめます。衣類を入れ、端から手で丸めて行くことで、中の吸気を外に出し、圧縮していきます。

逆支弁付圧縮パック

出典:セシール

100円均一や、ホームセンターなどで販売されている圧縮袋。

旅行で使用する時は、薄手のものでもOKです。何度も使用する事を考えると、少し厚手の物が良いですね。

 


圧縮袋を上手に使いこなすポイント

圧縮袋を使用する時に、中に衣類を入れて、空気を出すだけ!と思っていませんか?

ちょっとしたコツで、もっと上手に使えるようになります。



チャックの内側を濡れタオルで拭く!

説明書にも書いてある事が多いですが、チャックの内側を固く絞った濡れタオルで拭くことで、チャックの密着度が上がります。
つまり、時間が経つと、空気が中に侵入してくる可能性が減りますよ。

 

羽毛布団に使用する時の注意点

かさばる羽毛布団には、圧縮袋を使いたいところですが、ダウン70%以上の羽毛布団だけに、専用の羽毛布団用圧縮袋が使用できます。

それ以下だと、フェザーの羽軸が、内側から突き出たり、折れたりするため、次に使う時に羽毛が膨らまず、フワフワの風合いが戻らない事があります。

じつは、羽毛布団のためには、圧縮せずに購入した時に入っていた布団袋で収納する方が無難です。

元のサイズから考えると、四分の一ぐらいのサイズになるので、少しは小さくなりますね。

(ダウン・フェザーはコチラの記事をご参考に)
cover_downjacket.jpg

やっぱこれだね~♪冬のポカポカアイテムは、ダウンジャケット?プリマロフト?

衣類に使用する時の注意点

まずは、きれいに洗って、しっかり乾かし、きちんとたたみ、丁寧に袋の中にいれます。

当たり前の事ですが、汚れが残っていたり、完全に乾いていないとシミが出り、カビが発生する原因になります。

また、入れる服は、基本的にお家で洗濯機で回せる衣類にしましょう。間違っても、スーツやコートなどは入れないようにしてください。


圧縮しすぎないようにする

カッチンコッチンになるまで、袋の中の空気を抜くのはよくありません。1/3程度空気が抜けるぐらいで、ちょうど良いです。

ほどよく小さくなって、衣類に負担がかからない程度にしましょう。


毎年、衣替えが終わると「プレスだけお願いします。」と衣類を持ってクリーニング店を訪れるお客様がいます。

長時間、圧縮袋でぺっちゃんこになったお洋服に入ったシワは、繊維が折れてしまい、洗いなおしたり、業務用のアイロンでも、シワを完全に取り除く事ができません。

ただし、旅行で使用する時は、圧縮時間が短いので、折りシワを気にせず小さくパッキンしましょう。

最近では、ハンガーにつるしたまま圧縮できるタイプもありますが、大切なのは、用途に合った物を使い分ける事です。

それでも、クローゼットの中が衣類でいっぱいならば、そろそろ断捨離の時期ですよ。
今回の担当は、アイチャク284のあやでした。

(関連記事)衣替えや衣類の収納・リサイクルなど、こちらの記事もよく読まれております。

20150425-Enomoto-cover.jpg

GW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス

20150515-Enomono-cover.jpg
子ども服の古着リサイクルが大好評!お母さんたちの子育てを応援します








この記事を書いた人
あや(Aya)

ファッション大好き!大手アパレル企業・染み抜き屋を経験し、数々の想い入れのある衣類のケアをおこなう職人。現在は、福岡市を中心に、染み抜き、染色、デニムリペア、リフォームなど、洋服のトータルメンテナンスで活躍中。

オフィシャルサイト
http://niyaho.blog.jp/

 





あやの最新記事



イドカバネットは
衣類やお洗濯・お掃除など日常生活にまつわる情報を毎日お届けしています
気に入ったらFACEBOOKやTwitterから更新情報を入手してね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事

イドカバネット過去の人気記事
20150128-Seki-cover.jpgYシャツをきれいにたたむプロの技と旅行のパッキングのコツ
20150425-Enomoto-cover.jpgGW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス
20150407-Asano-cover.jpg今すぐ実践!自宅でできる白シューズの正しいお手入れ!
20150216-Enomoto-cover.jpg洗って完璧!柔軟剤で引き寄せない!洗濯でできる花粉症対策
20150220-Nakamura-cover.jpg乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!
fastnar-photo01.jpgこれでイライラ0%!! ファスナーの滑りを良くする方法
20150112-Mika-cover.jpg結婚前に知っておきたい女を磨く洋服の知識・ウール製品の洗いかた
20150330-Yamamoto-cover.jpg面倒なんて言わせない 大切なお洋服を守る これで完璧!収納法
201412-osouji-yuka-cover.jpgこんなところも大掃除…誰でも簡単にできる”洗濯機の洗濯”
20150320-Nakamura-cover.jpg色移り解消の魔法の呪文「すぐに濃いめの熱いお湯」
20150404-Mika-cover2.jpg痩せて見える/ふっくら見える 色と見た目の深い関係・1
20150312-Yamamoto-cover.jpgニッポンのすべての女性に!衣替えで役立つ「3秒ルール」
20150513-Seki-cover.jpg洗濯物臭くないですか?部屋干しニオイ対策は、まず洗濯槽の洗浄を
20150318-Mihara-cover.jpg型崩れ防止をできる 長期収納向けのハンガーとはどんなもの?
20150110-moemoe-cover4.jpg実はめっちゃ汚い!!一枚のバスタオルを何日使いますか?
20150107-Aya-cover3.jpgつい持ち歩きたくなる?ニットのほつれを瞬時に隠す「魔法の針」
20150428-Mihara-cover3.jpgエステなどオイルまみれのタオルをスッキリきれいにするには
74a7c805d125814aec5797843fc.jpgニットを着る人には知っていて欲しい素材の特徴とお手入れ方法
20150414-moemoe-cover.jpg100均アイテムで作れる超かんたんミサンガのつくり方
20150426-Fukusawa-cover.jpg荷物を軽量に!キャンプや旅先で役立つお洗濯グッズ
SHARE
Twitter
Facebook
Line
google
Hatena
PAGE TOP