イドカバネット > ネクタイも秋~夏に汚れたネクタイはしっかりクリーニングでお手入れ
きれい
2018/09/13

ネクタイも秋~夏に汚れたネクタイはしっかりクリーニングでお手入れ

イドカバネット

ネクタイはシャツの上に着用したり、柄が入っていたりするため、汚れに気付きにくい場合が多いです。しかし、目立たないだけで意外と汚れが溜まっています。

首周りは体温が高いので汗や皮脂の分泌が多く、ネクタイにも付着しやすくなっています。ぱっと見ただけではわかりにくいですが、付着している汗や皮脂による汚れは、黄ばみやシミが発生する大きな原因です。

特に、結び目の位置は汚れが入り込みやすいので、着用する機会が多いほど汚れが溜まっています。
また、胸元の中央に位置するネクタイは、食事の汚れがつきやすいアイテムです。シャツのように頻繁に洗濯をしないので、汚れが奥に染み込んでしまいます。

黄ばみやシミなど落としにくい汚れに変化する前に、ネクタイも定期的にクリーニングを行うのがおすすめです。

自宅でネクタイを洗濯する方法は手軽に汚れを落とせるイメージがありますが、毛羽立つ・風合いが損なわれるといった生地のトラブルが起こる可能性があります。

ネクタイの多くはシルク素材で作られているため、デリケートに扱わなくてはなりません。さらに、斜めに裁断された布を使用しているので伸縮性があり、型崩れが起こりやすくなっています。

下に続く



全国10,000店舗で配付中のフリーペーパー WOMAN'S GATE

 《フリーペーパー》100万人の女性のための生活情報紙「WOMAN’S GATE」2018秋号

紙面PDFはこちらから。

 


 

 




シミ抜きは早い対応が肝心


汚れの中でも最も目立ち、落としにくいシミです。
もしシミのついたネクタイを着用しながら仕事をしていたら良い印象ではないですね。

シミは基本的に付いたときが最も落としやすい状態です。
まだ成分が完全にネクタイへ染みこんでいないので適切な処置をすれば綺麗に除去することができるので、確認できたら直ぐに対処しましょう。

なおシミには「水溶性」「油溶性」「不溶性」の3種類に分けることができ、それぞれ対処する方法も異なります。

水溶性のシミは水に溶けやすいので水に塗らした布を使用し、油などの油溶性のシミには中性洗剤と水を使用します。

なお不溶性のシミは溶けにくいので難しいため、自分で対処しようとするとより汚れを拡大させてしまう恐れもあります。

洗濯の専門家であるクリーニング店は頑固な汚れを解決する強い味方です。

ネクタイのクリーニングは、季節の変わり目が訪れる時期の3カ月に1回程度が適切といわれています。汚れが目立って落ちにくくなる前に、クリーニングを依頼しましょう。

また、シルク素材は繊細なため、特にダメージを受けやすい特徴があります。素材の特性によって、クリーニングを行う回数を調整する工夫も必要です。判断に困ってしまったら、クリーニング店に相談しましょう。

コーヒーのシミなど目立つ汚れがついてしまった際は、クリーニングする間隔にこだわらずに、なるべく早くクリーニングに出すのがおすすめです。

無理に自分で汚れを拭き取ったり、放置したりすると、汚れが奥に入り込んでさらに落としにくくなってしまう可能性があります。

ネクタイをきれいに保つためには、ネクタイの汚れ具合に応じて適切なクリーニングを行うのが大切です。汚れの種類に応じて適切なクリーニングを依頼しましょう。








この記事を書いた人
佐久間由美子(Yumiko Sakuma)
クリーニングShopサクマ 代表


世の中の情報や、クリーニングのことを知って上手に活用して欲しい思いで、活動しています!
 


Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011246148379

ホームページ
https://sacle.jp/

 





佐久間由美子の最新記事



イドカバネットは
衣類やお洗濯・お掃除など日常生活にまつわる情報を毎日お届けしています
気に入ったらFACEBOOKやTwitterから更新情報を入手してね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事

イドカバネット過去の人気記事
20150128-Seki-cover.jpgYシャツをきれいにたたむプロの技と旅行のパッキングのコツ
20150425-Enomoto-cover.jpgGW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス
20150407-Asano-cover.jpg今すぐ実践!自宅でできる白シューズの正しいお手入れ!
20150216-Enomoto-cover.jpg洗って完璧!柔軟剤で引き寄せない!洗濯でできる花粉症対策
20150220-Nakamura-cover.jpg乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!
fastnar-photo01.jpgこれでイライラ0%!! ファスナーの滑りを良くする方法
20150112-Mika-cover.jpg結婚前に知っておきたい女を磨く洋服の知識・ウール製品の洗いかた
20150330-Yamamoto-cover.jpg面倒なんて言わせない 大切なお洋服を守る これで完璧!収納法
201412-osouji-yuka-cover.jpgこんなところも大掃除…誰でも簡単にできる”洗濯機の洗濯”
20150320-Nakamura-cover.jpg色移り解消の魔法の呪文「すぐに濃いめの熱いお湯」
20150404-Mika-cover2.jpg痩せて見える/ふっくら見える 色と見た目の深い関係・1
20150312-Yamamoto-cover.jpgニッポンのすべての女性に!衣替えで役立つ「3秒ルール」
20150513-Seki-cover.jpg洗濯物臭くないですか?部屋干しニオイ対策は、まず洗濯槽の洗浄を
20150318-Mihara-cover.jpg型崩れ防止をできる 長期収納向けのハンガーとはどんなもの?
20150110-moemoe-cover4.jpg実はめっちゃ汚い!!一枚のバスタオルを何日使いますか?
20150107-Aya-cover3.jpgつい持ち歩きたくなる?ニットのほつれを瞬時に隠す「魔法の針」
20150428-Mihara-cover3.jpgエステなどオイルまみれのタオルをスッキリきれいにするには
74a7c805d125814aec5797843fc.jpgニットを着る人には知っていて欲しい素材の特徴とお手入れ方法
20150414-moemoe-cover.jpg100均アイテムで作れる超かんたんミサンガのつくり方
20150426-Fukusawa-cover.jpg荷物を軽量に!キャンプや旅先で役立つお洗濯グッズ
SHARE
Twitter
Facebook
Line
google
Hatena
PAGE TOP