イドカバネット > 洋服を洗わない・クリーニングしないで着用を続けていると…どうなるの?
お洗濯
2017/11/08

洋服を洗わない・クリーニングしないで着用を続けていると…どうなるの?

イドカバネット

洗わない・クリーニングしないと・・・どうなるの?

ある男性サラリーマンからの質問で、スーツをクリーニング出すタイミングが分からない。そもそもクリーニングする意味があるのか・・。と伺いました。クリーニング事業者にとっては、ある意味手厳しい質問ですが、消費者からの率直な疑問ではないでしょうか。


理想的なクリーニングのタイミングとは…

クリーニングに出すタイミングですが、例えばビジネスでいつも外回りの営業をされている方と、デスクワークでエアコンの中で仕事をされる方とでは、スーツの汚れ方と出すタイミングが全く違います。
 
また一日スーツを着たと言う概念も、通勤に時間が掛かり朝早くから夜の遅くまでスーツを着用されている方と、9時から5時でお仕事を終えられる方とでは、スーツの汚れかたは全く違うので、何日着たからスーツをクリーニングするというのはあまり参考にはならないでしょう。


 
やはり汚れが目立つ前にクリーニングするべきだと思いますが、問題はスーツの汚れはシミでも付かない限り解り難いことですね。

特にあまりスーツにストレスを与えないような着用をされる方は、クリーニングの必要性を感じないこともあるかもしれません。しかし着用しているスーツには、見えない汚れ、否、目立たない汚れが潜んでいるのは事実です。

そこで見えない汚れについて、考えてみましょう。

下に続く



全国10,000店舗で配付中のフリーペーパー WOMAN'S GATE

そもそも「ドライ」って何?ドライクリーニング特集

バンダイ「ずっと ぎゅっと レミン&ソラン」が当たるプレゼントコーナーも

《フリーペーパー》100万人の女性のための生活情報紙「WOMAN’S GATE」2017秋号

紙面PDFはこちらから。

 


 

 




目に見えない汚れとは

見えない汚れの存在感を示すのが「におい」です。



スーツに汗のにおいがするのは、臭いの成分がスーツに付着しているからです。視覚的に感じなくても、嗅覚に汚れは存在感を示しているので、この時点ですでに汚れていると判断できます。

ただし、昨今は様々な消臭剤が発売されています。しかし、臭いを抑えたとしても、臭いの成分の汚れが除去されたわけではありません。汚れが嗅覚に反応しなくなっただけで、汚れはスーツに残っております。

スーツに汚れが残っていても、それが目立たなければよろしいように思われますが、残留した汚れが蓄積されたらどうなるのか…皆さんも経験があると思います。


例えば、シーズンオフに仕舞ったままにして、翌シーズンに衣類が大変なことになっていたことが御座いませんか。

汗の成分は、時間がたつと酸化が進み、黄ばみの元になるだけではなく、酸性が強くなるので繊維も蝕んでしまいます。また汚れが付着したままだと、汚れが保湿して余分な水分が繊維に影響して、ヨレヨレしたスーツになります。



スーツのように、シルエットが重視される衣類は、しっかりとした形状を維持するためにも、汚れの除去と同時に成型するためのプレスが必要です。

「洗う」の意味は様々にとらえられまして、爽やかな気持ちになる事を「心が洗われる」と申すように、消臭剤で衣類を爽やかなすることを「洗う」と表するようです。

しかしクリーニングにおいては、あくまで繊維から異物を除去するために様々な技術を駆使して、形状や風合いを変化させずに「洗う」ことを目的としております。

大切な衣類は、適切なメンテナンスが必要ですから、スーツの臭いが気になってきたらクリーニングをお勧めします。


(文/Takeshi Tsukiyama)













TAKESHI TSUKIYAMAの最新記事



イドカバネットは
衣類やお洗濯・お掃除など日常生活にまつわる情報を毎日お届けしています
気に入ったらFACEBOOKやTwitterから更新情報を入手してね



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事

イドカバネット過去の人気記事
20150128-Seki-cover.jpgYシャツをきれいにたたむプロの技と旅行のパッキングのコツ
20150425-Enomoto-cover.jpgGW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス
20150407-Asano-cover.jpg今すぐ実践!自宅でできる白シューズの正しいお手入れ!
20150216-Enomoto-cover.jpg洗って完璧!柔軟剤で引き寄せない!洗濯でできる花粉症対策
20150220-Nakamura-cover.jpg乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!
fastnar-photo01.jpgこれでイライラ0%!! ファスナーの滑りを良くする方法
20150112-Mika-cover.jpg結婚前に知っておきたい女を磨く洋服の知識・ウール製品の洗いかた
20150330-Yamamoto-cover.jpg面倒なんて言わせない 大切なお洋服を守る これで完璧!収納法
201412-osouji-yuka-cover.jpgこんなところも大掃除…誰でも簡単にできる”洗濯機の洗濯”
20150320-Nakamura-cover.jpg色移り解消の魔法の呪文「すぐに濃いめの熱いお湯」
20150404-Mika-cover2.jpg痩せて見える/ふっくら見える 色と見た目の深い関係・1
20150312-Yamamoto-cover.jpgニッポンのすべての女性に!衣替えで役立つ「3秒ルール」
20150513-Seki-cover.jpg洗濯物臭くないですか?部屋干しニオイ対策は、まず洗濯槽の洗浄を
20150318-Mihara-cover.jpg型崩れ防止をできる 長期収納向けのハンガーとはどんなもの?
20150110-moemoe-cover4.jpg実はめっちゃ汚い!!一枚のバスタオルを何日使いますか?
20150107-Aya-cover3.jpgつい持ち歩きたくなる?ニットのほつれを瞬時に隠す「魔法の針」
20150428-Mihara-cover3.jpgエステなどオイルまみれのタオルをスッキリきれいにするには
74a7c805d125814aec5797843fc.jpgニットを着る人には知っていて欲しい素材の特徴とお手入れ方法
20150414-moemoe-cover.jpg100均アイテムで作れる超かんたんミサンガのつくり方
20150426-Fukusawa-cover.jpg荷物を軽量に!キャンプや旅先で役立つお洗濯グッズ
SHARE
Twitter
Facebook
Line
google
Hatena
PAGE TOP