イドカバネット > プールで着用するフィットネス水着の正しいお洗濯と乾燥
お洗濯
2015/04/23

プールで着用するフィットネス水着の正しいお洗濯と乾燥

イドカバネット

ちょっと日が差すだけで汗ばんでくる季節。
着ているものが一枚ずつ脱ぎ、だんだんと薄着になってきますが、気になるのが冬場に蓄積してしまった体脂肪。夏の薄着に備えて、今頃からスポーツクラブへ通われ、体型を整えようとする方も多いかと思います。

そして、スポーツクラブに欠かせないのがプール。
泳ぎ終わった後の水着、どうしてますか?


今日は、プールで泳いだ後の、水着の正しいお洗濯と乾燥をお伝えします。

下に続く



全国10,000店舗で配付中のフリーペーパー WOMAN'S GATE

 《フリーペーパー》100万人の女性のための生活情報紙「WOMAN’S GATE」2019冬号

紙面PDFはこちらから。

 


 

 




まずは確実な水洗いを

泳ぎ終わって、シャワーを浴びて洗眼し、お風呂/シャワーへ直行!

そして、入浴後に必ず行っていただきたいのが、水着を水洗いすることです。



プール内にはかなりの濃度の塩素が入っております。
この塩素、当然ながら水着にも良くありません。


一番悪いパターンは


 プールから上がり
 水洗いせずに
 ビニール袋に入れて
 着替えなどと一緒に車のトランクへ


熱が加わると、生地の痛みや変化など反応を早めます。
ビニールに入れられた水着をトランクに・・・これは最悪です。



海帰りも一緒ですよ!海水の塩分は繊維にダメージを与えます。


なので、スポーツクラブから帰る前に必ずやってもらいたいのが、水洗いなのです。



出典:ハヤブサ技研

そして、スポーツクラブにこのような備え付けの脱水機があれば
これを利用しない手はありません。

この脱水機、ものすごく絞れるのに驚きですよね。


でも、しつこく、長時間ボタンを押して長く脱水している人を見かけますが、脱水のし過ぎは、水着の形を変化させてしまいます。
3秒でもうカラカラですよね。その程度で十分です。



家に帰ったら洗剤で洗いましょう

帰宅後の水着ってどうしてます?プールだし、水洗いしたし、ひょっとしてそのまま乾かしてませんか?


でも当然ながら、エマールやアクロンなどの「中性洗剤」で押し洗いしたほうが良いです。


水着は結構デリケート。洗濯機にそのまま放り込む方も見かけますが、必ずネットに入れて、弱流コースかドライコースで弱めに洗濯です。



脱水は、手洗いの場合は洗濯機を使うか、タオルで挟んで水分を移してしまうか。

このどちらかでしょうが、ここでも洗濯機で脱水される方は、脱水のし過ぎに注意してください。


私はこれを使ってますが、こんな方法もあるんです。


パール金属 たっぷり水切り マイティ野菜水切り器 C-66


これ、野菜の水切りですが、ちょっとした水着やTシャツ・下着など

単品で脱水機をかけるまでもないけど、そこそこ、しっかり絞りたいな・・・と思った時、洗濯場に一台あると便利な品物です。


使い方は、もうおわかりかと。入れて、回して、絞るだけ。
これが、結構絞れるんですよね〜。

そして最後に乾燥ですが
乾燥機はダメ、直射日光厳禁、陰干しもしくは部屋干しです。



水着は毎年購入しましょう

最後に水着の寿命について。

スポーツクラブで着用されるフィットネス水着は、濡れ・乾きを繰り返すので、生地の痛みも早いです。


水着には、必ずと言っていいほどポリウレタンが使われてまして、使っているうちに、可動範囲が広く伸びやすいところ(お尻の部分など)の生地が薄くなっていくのがわかります。

これが、ポリウレタンの劣化や脆化と呼ばれる現象です。


次第に弾力性がなくなり(劣化)、ポリウレタン繊維が切れて(脆化)しまうのです。


水着が通常の衣類よりも早く劣化・脆化してしまう原因として。プールの塩素(水道水の3−4倍の濃度です)が挙げられます。


そして、日光などの紫外線(陰干しか室内干しで)や高温にも弱いので、夏場は車のトランクに注意。冬場はコタツの中に水着を入れて乾かすのもダメですよ。


<参考記事>
ポリウレタン・ストレッチ繊維の劣化など、詳しくはこちらの記事もどうぞ!

結婚前に知っておきたい女を磨く洋服の知識・ストレッチ素材の取扱い








この記事を書いた人
関 誠(Makoto Seki)
ゼンドラ株式会社・代表取締役

クリーニング・テキスタイルレンタル業界の専門新聞社。当サイト「イドカバネット」の運営を行ないながら、洗濯の楽しさ・クリーニングの素晴らしさを伝える。最近は、洗濯サービスと他業とのコラボレーションを研究し全国を奔走している。
オフィシャルサイト http://www.zendora.co.jp

 






関誠の最新記事




イドカバネットは
衣類やお洗濯・お掃除など日常生活にまつわる情報を毎日お届けしています
気に入ったらFACEBOOKやTwitterから更新情報を入手してね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事

イドカバネット過去の人気記事
20150128-Seki-cover.jpgYシャツをきれいにたたむプロの技と旅行のパッキングのコツ
20150425-Enomoto-cover.jpgGW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス
20150407-Asano-cover.jpg今すぐ実践!自宅でできる白シューズの正しいお手入れ!
20150216-Enomoto-cover.jpg洗って完璧!柔軟剤で引き寄せない!洗濯でできる花粉症対策
20150220-Nakamura-cover.jpg乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!
fastnar-photo01.jpgこれでイライラ0%!! ファスナーの滑りを良くする方法
20150112-Mika-cover.jpg結婚前に知っておきたい女を磨く洋服の知識・ウール製品の洗いかた
20150330-Yamamoto-cover.jpg面倒なんて言わせない 大切なお洋服を守る これで完璧!収納法
201412-osouji-yuka-cover.jpgこんなところも大掃除…誰でも簡単にできる”洗濯機の洗濯”
20150320-Nakamura-cover.jpg色移り解消の魔法の呪文「すぐに濃いめの熱いお湯」
20150404-Mika-cover2.jpg痩せて見える/ふっくら見える 色と見た目の深い関係・1
20150312-Yamamoto-cover.jpgニッポンのすべての女性に!衣替えで役立つ「3秒ルール」
20150513-Seki-cover.jpg洗濯物臭くないですか?部屋干しニオイ対策は、まず洗濯槽の洗浄を
20150318-Mihara-cover.jpg型崩れ防止をできる 長期収納向けのハンガーとはどんなもの?
20150110-moemoe-cover4.jpg実はめっちゃ汚い!!一枚のバスタオルを何日使いますか?
20150107-Aya-cover3.jpgつい持ち歩きたくなる?ニットのほつれを瞬時に隠す「魔法の針」
20150428-Mihara-cover3.jpgエステなどオイルまみれのタオルをスッキリきれいにするには
74a7c805d125814aec5797843fc.jpgニットを着る人には知っていて欲しい素材の特徴とお手入れ方法
20150414-moemoe-cover.jpg100均アイテムで作れる超かんたんミサンガのつくり方
20150426-Fukusawa-cover.jpg荷物を軽量に!キャンプや旅先で役立つお洗濯グッズ
SHARE
Twitter
Facebook
Line
google
Hatena
PAGE TOP