イドカバネット > すべての花粉症の皆様に!春の洗濯はお風呂干しがおすすめ
お洗濯
2017/02/17

すべての花粉症の皆様に!春の洗濯はお風呂干しがおすすめ

イドカバネット

つい3,4日前からどうやら花粉症はじまりました・・・

今年もやってきたこの季節、洗濯物は部屋干ししなきゃで憂鬱になる人もいるかもしれません。でも、その部屋干し方法を見直すと、意外と部屋干しの方が良くなってしまって、病みつきになるかもしれませんよ??事実僕は年中部屋干しです!


我が家の部屋干し場所は、お風呂!

元々付いている浴室乾燥用のバーに加えて、突っ張り棒でもう一本作り2箇所に干せるようにしています。

突っ張り棒がダサいのが玉にキズですが・・・(笑)



なぜ、お風呂に干すのか??その理由としては・・・

下に続く



【1万円分の豪華牛肉が当たる!WOMAN'S GATEプレゼントコーナー】

 《オンライン情報誌》100万人の女性のための生活情報紙「WOMAN’S GATE」2021 vol.25


 

宅配・保管クリーニング(ラクリ)・株式会社ルビー
宅配・保管クリーニング(ラクリ)

 


 




洗濯機から2歩で着く
洗濯した後、色々と動くのってムダです。洗濯機から出したら2歩で干せる風呂場こそ最強。洗濯機のそばにお風呂場ない人ゴメンナサイ(笑)


換気扇が付いている
濡れた服を乾かすのに、空気を動かすことはもっとも重要です。換気扇だけ回して、丸一日干しておけば完全に乾いています。浴室乾燥もついていますが、ほとんど使いません。換気扇でしっかり空気を循環していく。電気代も最小限に抑えられますしね。


干しっぱなしでも邪魔にならない
お風呂場ってお風呂にはいる時しか使わないので、干しっぱなしにしても邪魔になりません。


隔離した状態を作れる
部屋干ししている時、冬場は乾燥対策になっていいのですが、梅雨時などは、逆に部屋の湿度を上げてしまい不快になりますよね。お風呂場に干せば、お風呂の狭い空間の湿度を下げることを考えればいいので、除湿などをするにしても効率良く出来ますから、結果的に乾きやすい空間を作れます。また、料理する場所のちかくで干してしまうと、洗い上がった服が、焼き魚のニオイになったり。。。これは嫌でしょ(笑)ある程度、隔離した空間を作ることって干す時には大事です。


衣類が乾くときにポイント
衣類が乾くときにポイントとなるのが、「服の表面積を広げること」と、「空気の循環」。

「服の表面積を広げる」
重なり合った部分は乾きにくくなってしまいます。
重なる部分をできるだけ無くして、洗濯物の表面積を広げて干すことがまず大事。

例えば・・・
・シャツであれば襟を立てたりボタンをはずす
・パンツであれば筒状にしたり裏返すことで繊維の重なりを軽減、風に当たりやすいようにします。

 





パーカーは、フードの内側が乾きやすいように、「フードピンチ干し」などを採用して干し方にひと工夫する




我が家では、こういった感じで洗濯物の表面積を広げた状態にしておき、換気扇をつけて干しています。

基本的には換気扇のみで乾いてしまうのですが、短時間で乾かしたい時には、サーキュレーターや浴室乾燥などを併用する時もあります。

毎日の洗濯のローテーション、僕はこんな感じです

僕は昼間は仕事しているので、基本夜にしか洗濯できないので夜にします。
お風呂に入るタイミングで洗濯機を回すか、お風呂から出た時に洗濯機を回すのですが・・・

1・お風呂にお湯をために行く
2・前日にお風呂場に干した洗濯物をたたみながら&アイロンかけながら取り込む
3・お湯がたまる。
4・服を脱ぐ
5・洗濯機で洗う
6・お風呂から出る。
7・干す
以下、毎日繰り返し(笑)

こんな感じで毎日の洗濯をしています!
いかがでしたでしょうか??花粉症予防の快適な部屋干しを検討してみませんか?










この記事を書いた人
中村 祐一(Yuichi Nakamura)

“洗濯王子”の愛称で呼ばれ、テレビや雑誌などの各種マスメディアでも活躍中。
東京都内で、日本で唯一の洗濯専門の教室「SentakuStudio」を主宰している。また、自身のホームページでは、洗濯に関する相談などを受け付け広く洗濯の啓蒙に力を注いでいる。

オフィシャルサイト http://www.sentaku-yuichi.com/

 




中村祐一の最新記事



イドカバネットは
衣類やお洗濯・お掃除など日常生活にまつわる情報を毎日お届けしています
気に入ったらFACEBOOKやTwitterから更新情報を入手してね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事

イドカバネット過去の人気記事
20150128-Seki-cover.jpgYシャツをきれいにたたむプロの技と旅行のパッキングのコツ
20150425-Enomoto-cover.jpgGW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス
20150407-Asano-cover.jpg今すぐ実践!自宅でできる白シューズの正しいお手入れ!
20150216-Enomoto-cover.jpg洗って完璧!柔軟剤で引き寄せない!洗濯でできる花粉症対策
20150220-Nakamura-cover.jpg乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!
fastnar-photo01.jpgこれでイライラ0%!! ファスナーの滑りを良くする方法
20150112-Mika-cover.jpg結婚前に知っておきたい女を磨く洋服の知識・ウール製品の洗いかた
20150330-Yamamoto-cover.jpg面倒なんて言わせない 大切なお洋服を守る これで完璧!収納法
201412-osouji-yuka-cover.jpgこんなところも大掃除…誰でも簡単にできる”洗濯機の洗濯”
20150320-Nakamura-cover.jpg色移り解消の魔法の呪文「すぐに濃いめの熱いお湯」
20150404-Mika-cover2.jpg痩せて見える/ふっくら見える 色と見た目の深い関係・1
20150312-Yamamoto-cover.jpgニッポンのすべての女性に!衣替えで役立つ「3秒ルール」
20150513-Seki-cover.jpg洗濯物臭くないですか?部屋干しニオイ対策は、まず洗濯槽の洗浄を
20150318-Mihara-cover.jpg型崩れ防止をできる 長期収納向けのハンガーとはどんなもの?
20150110-moemoe-cover4.jpg実はめっちゃ汚い!!一枚のバスタオルを何日使いますか?
20150107-Aya-cover3.jpgつい持ち歩きたくなる?ニットのほつれを瞬時に隠す「魔法の針」
20150428-Mihara-cover3.jpgエステなどオイルまみれのタオルをスッキリきれいにするには
74a7c805d125814aec5797843fc.jpgニットを着る人には知っていて欲しい素材の特徴とお手入れ方法
20150414-moemoe-cover.jpg100均アイテムで作れる超かんたんミサンガのつくり方
20150426-Fukusawa-cover.jpg荷物を軽量に!キャンプや旅先で役立つお洗濯グッズ
SHARE
Twitter
Facebook
Line
google
Hatena
PAGE TOP