イドカバネット > 牛・豚・鹿・山羊・羊などレザーの種類と革製品のお手入れ方法
きれい
2018/03/04

牛・豚・鹿・山羊・羊などレザーの種類と革製品のお手入れ方法

イドカバネット
レザーと申しますと、昨今は合成皮革が広く出回っています。衣類に使用される合成皮革は、ポリウレタン樹脂を基布にコーティングさせたポリウレタンコーティング素材が多く使われています。

素材としては、軽く加工もしやすく比較的安価に仕上げられるので、衣類のワンポイント的な使用でも多く使われています。

しかし、ポリウレタンのレザー製品は、経年で劣化するし割れたり剥がれたりする欠点があります。

ポリウレタン樹脂は、ポリオールとイソシアネートが結合して樹脂になるのですが、この結合が数年の時間を経ると劣化し、加水分解により組成が崩れます。結果、レザーがボロボロっと剥がれる現象になるのです。

下に続く


全国10,000店舗で配付中のフリーペーパー WOMAN'S GATE

《フリーペーパー》100万人の女性のための生活情報紙「WOMAN’S GATE」2018春号

紙面PDFはこちらから。

 


 

 





天然皮革は、古くからバッグや靴・ベルトそして衣類になど広く使用されてきました。単に素材としてだけではなく、人を魅了する素材感や風合い・色合いが存在します。

皮革には、その動物によりそれぞれ種類分けされます。

代表的なものとして、牛・豚・鹿・山羊・羊などは衣類をはじめバックやベルトなどに使われます。馬はコードバンと呼ばれる高級素材があります。哺乳寝類以外の素材で衣類に使用されるオーストリッジは、ダチョウの皮で高級素材です。

牛の皮革は、丈夫で加工もしやすく、最も流通量も多く用途も広い皮革です。牛の皮革は年齢と性別により、生後6か月以内の仔牛をカーフと呼ばれ、キメの細かさとやわらかさが際立つ高級素材です。

生後6カ月から2年の牛がキップで、まだまだ若い牛なので傷も少なく柔らかい皮革です。一番広く出回っている皮革は、ステアハイドはと呼ばれる生後2年以上の牡牛もしくは、カウハイドと呼ばれる生後2年以上の牝牛の皮革です。比較的大きな皮がとれるので、コートなどの大型の製品を造ることができます。

豚の皮革はPigと表示されます。またスエード状に加工した皮革はピッグスキンと呼ばれます。ピッグは毛穴が特徴で、表面にそれぞれ三つずつ並んで存在し、その穴は皮を貫通しているのが特徴です。

唯一、国内生産で自給できる皮革です。

鹿の皮革はDeerです。日本人にはなじみ深い皮革で、柔らかく手触りが良いのは、独特の油分を保持しているからです。山羊はGoatで、子ヤギの皮革を特にキッドスキンと呼びます。柔らかく強度のある皮革です。

羊はSheepと表記されます。子羊はラムと表記されます。毛皮のムートンも、衣類などでよく使用されます。


お手入れ方法として、通常の銀付きの皮革は柔らかいネルの様な布で乾拭きしてください。起毛の皮革は、硬めのブラシでブラッシングしてください。汚れた個所は消しゴムを使いましょう。但し擦りすぎてはいけません。

クリーナーなどの、汚れ落としも市販されています。合成皮革は液が浸み込みませんが、天然皮革は液が浸み込んで、それがシミになる事もあるので注意してください。

お手入れ後にワックスがけするのも、皮革の油分・水分を保つために良いでしょう。

合成皮革は、表面に妙な粘りが感じられたら、劣化が進行しているサインです。つまりは寿命が近づいていると考えてください。

天然皮革はたんぱく質と油分・水分があり、その為に保存環境が悪いとカビが発生することもあります。定期的に保管状態を確認し、虫干しするなどの乾燥にも気を配りましょう。


(文/Takeshi Tsukiyama)













TAKESHI TSUKIYAMAの最新記事



イドカバネットは
衣類やお洗濯・お掃除など日常生活にまつわる情報を毎日お届けしています
気に入ったらFACEBOOKやTwitterから更新情報を入手してね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事

イドカバネット過去の人気記事
20150128-Seki-cover.jpgYシャツをきれいにたたむプロの技と旅行のパッキングのコツ
20150425-Enomoto-cover.jpgGW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス
20150407-Asano-cover.jpg今すぐ実践!自宅でできる白シューズの正しいお手入れ!
20150216-Enomoto-cover.jpg洗って完璧!柔軟剤で引き寄せない!洗濯でできる花粉症対策
20150220-Nakamura-cover.jpg乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!
fastnar-photo01.jpgこれでイライラ0%!! ファスナーの滑りを良くする方法
20150112-Mika-cover.jpg結婚前に知っておきたい女を磨く洋服の知識・ウール製品の洗いかた
20150330-Yamamoto-cover.jpg面倒なんて言わせない 大切なお洋服を守る これで完璧!収納法
201412-osouji-yuka-cover.jpgこんなところも大掃除…誰でも簡単にできる”洗濯機の洗濯”
20150320-Nakamura-cover.jpg色移り解消の魔法の呪文「すぐに濃いめの熱いお湯」
20150404-Mika-cover2.jpg痩せて見える/ふっくら見える 色と見た目の深い関係・1
20150312-Yamamoto-cover.jpgニッポンのすべての女性に!衣替えで役立つ「3秒ルール」
20150513-Seki-cover.jpg洗濯物臭くないですか?部屋干しニオイ対策は、まず洗濯槽の洗浄を
20150318-Mihara-cover.jpg型崩れ防止をできる 長期収納向けのハンガーとはどんなもの?
20150110-moemoe-cover4.jpg実はめっちゃ汚い!!一枚のバスタオルを何日使いますか?
20150107-Aya-cover3.jpgつい持ち歩きたくなる?ニットのほつれを瞬時に隠す「魔法の針」
20150428-Mihara-cover3.jpgエステなどオイルまみれのタオルをスッキリきれいにするには
74a7c805d125814aec5797843fc.jpgニットを着る人には知っていて欲しい素材の特徴とお手入れ方法
20150414-moemoe-cover.jpg100均アイテムで作れる超かんたんミサンガのつくり方
20150426-Fukusawa-cover.jpg荷物を軽量に!キャンプや旅先で役立つお洗濯グッズ
SHARE
Twitter
Facebook
Line
google
Hatena
PAGE TOP