イドカバネット > 一回しか着ていない冬物、洗わずにしまっても大丈夫??
お洗濯
2015/03/01

一回しか着ていない冬物、洗わずにしまっても大丈夫??

イドカバネット

3月に入り、着る服にも変化が出てくる時期ですが、「この冬、1、2回しか着る機会なかったな~」なんて服ありませんか??そんな服をしまうとき気をつけたいポイントをご紹介します。


下に続く



全国10,000店舗で配付中のフリーペーパー WOMAN'S GATE

 《フリーペーパー》100万人の女性のための生活情報紙「WOMAN’S GATE」2019冬号

紙面PDFはこちらから。

 


 

 



 

消臭スプレーをかけて、しまっちゃえば大丈夫??

服の洗濯って、人間で言えば「入浴」とか「歯磨き」に近いと考えられます。

 

で、その意味でいうと、消臭スプレーというのは、人間で言えば制汗スプレーや「フリスク」みたいなものと考えられます。

 

「消臭スプレーって、汚れ落ちているんですか?」って聞かれることがよくありますが、フリスクみたいなものと考えていただければわかりやすいと思います。フリスクで歯磨きが完了と言えないように、消臭スプレーで洗濯が完了とは言えないのです。

 

例えば人に会う前に、臭かったら嫌だからエチケットとしてスプレーをかけておく。これは素材注意なものもあるけど、基本大丈夫です。ただそれだけでしまいこんでしまう…これはかなりまずい。それって歯磨きをせずに寝てしまうようなものなのです。

 

フリスクも人の前に出る時に1粒噛むといった使い方が基本。


フリスクのみで、歯磨きをしなければ、やがて口臭が再発したり、虫歯になってしまいます。

 

これと同じで、服の場合も汚れが少しでも残っているとシミやニオイの発生、また虫に食われるといったことが起こる確率が高くなります。

 

洗ったほうがいいか?洗わなくてもいいか??迷ったら専門家に相談しよう。

とはいっても、なんでもかんでも洗えばいいというわけではありません。

 

洗わな過ぎもよくないですが、洗いすぎも服に負担をかける可能性もあります。

 

じゃ~どうすればいいの!?って悩んでしまいますが、そんな時にはやっぱり専門家に診てもらうのが大切。


人間も定期的に健康診断を受けて、悪いところがないか?お医者さんに診てもらいますよね。

 

その結果、悪い所があれば治療をしていくことになります。

 

服も一緒で、衣替えの時期には専門家に診てもらい、悪い所があれば治療(洗ったり、染み抜きしたり)してもらう事が大事です。

 

冬物から春物に変わるこの時期というのは、いわば冬服の「定期健診」の時期なのです。

 


自宅で出来る、服のセルフチェックをしてみよう。

自分でも出来る、服のセルフチェック。次の5つの項目をチェックしてみましょう

 

☑シミ
シミや汚れはありませんか??エリや袖口は特に汚れやすいのでチェック。裾や裏地なども異常がないか見てみましょう。

 

☑シワ
着用中に出来たシワ、放っておくと取れにくくなったり、シワの線にそって色が抜けたりします。

 

☑ニオイ
変なニオイはしていませんか??ニオイは汚れのサイン。しまう前には、消臭スプレーではなく洗濯を。

 

☑型くずれ
服が変な形にクセが付いていたり、歪んでいませんか??そのまま放っておくと、衣類が傷みやすくなりますよ。軽度のうちに矯正を。

 

☑ほつれ
縫い目やボタンがほつれていたり、ボタンや飾りが取れそうになっていませんか??
小さなほころびのうちにケアしてあげましょうね。


徐々に、厚手のコートなどは着なくなりますから、そういう服から順番に点検をしてあげましょう。

 

お気に入りの服を、来年も気持ちよくきれるように、冬服の「定期健診」をして、悪い所があれば早めに治してあげてくださいね。

 

<人気記事> スプレーかけて終わらせてしまう方に警告。こちらの記事もよく読まれております。

201412-seki-kartencover.jpg
カーテンのお洗濯…西陽があたっていたものは特に注意が必要です。









この記事を書いた人
中村 祐一(Yuichi Nakamura)

“洗濯王子”の愛称で呼ばれ、テレビや雑誌などの各種マスメディアでも活躍中。
東京都内で、日本で唯一の洗濯専門の教室「SentakuStudio」を主宰している。また、自身のホームページでは、洗濯に関する相談などを受け付け広く洗濯の啓蒙に力を注いでいる。

オフィシャルサイト http://www.sentaku-yuichi.com/

 




中村祐一の最新記事



イドカバネットは
衣類やお洗濯・お掃除など日常生活にまつわる情報を毎日お届けしています
気に入ったらFACEBOOKやTwitterから更新情報を入手してね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事

イドカバネット過去の人気記事
20150128-Seki-cover.jpgYシャツをきれいにたたむプロの技と旅行のパッキングのコツ
20150425-Enomoto-cover.jpgGW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス
20150407-Asano-cover.jpg今すぐ実践!自宅でできる白シューズの正しいお手入れ!
20150216-Enomoto-cover.jpg洗って完璧!柔軟剤で引き寄せない!洗濯でできる花粉症対策
20150220-Nakamura-cover.jpg乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!
fastnar-photo01.jpgこれでイライラ0%!! ファスナーの滑りを良くする方法
20150112-Mika-cover.jpg結婚前に知っておきたい女を磨く洋服の知識・ウール製品の洗いかた
20150330-Yamamoto-cover.jpg面倒なんて言わせない 大切なお洋服を守る これで完璧!収納法
201412-osouji-yuka-cover.jpgこんなところも大掃除…誰でも簡単にできる”洗濯機の洗濯”
20150320-Nakamura-cover.jpg色移り解消の魔法の呪文「すぐに濃いめの熱いお湯」
20150404-Mika-cover2.jpg痩せて見える/ふっくら見える 色と見た目の深い関係・1
20150312-Yamamoto-cover.jpgニッポンのすべての女性に!衣替えで役立つ「3秒ルール」
20150513-Seki-cover.jpg洗濯物臭くないですか?部屋干しニオイ対策は、まず洗濯槽の洗浄を
20150318-Mihara-cover.jpg型崩れ防止をできる 長期収納向けのハンガーとはどんなもの?
20150110-moemoe-cover4.jpg実はめっちゃ汚い!!一枚のバスタオルを何日使いますか?
20150107-Aya-cover3.jpgつい持ち歩きたくなる?ニットのほつれを瞬時に隠す「魔法の針」
20150428-Mihara-cover3.jpgエステなどオイルまみれのタオルをスッキリきれいにするには
74a7c805d125814aec5797843fc.jpgニットを着る人には知っていて欲しい素材の特徴とお手入れ方法
20150414-moemoe-cover.jpg100均アイテムで作れる超かんたんミサンガのつくり方
20150426-Fukusawa-cover.jpg荷物を軽量に!キャンプや旅先で役立つお洗濯グッズ
SHARE
Twitter
Facebook
Line
google
Hatena
PAGE TOP