イドカバネット > オーセンティックユニフォームをいつまでもきれいに着続ける方法~乾燥編~
お洗濯
2021/05/27

オーセンティックユニフォームをいつまでもきれいに着続ける方法~乾燥編~

イドカバネット

前回は

「オーセンティックユニフォームをいつまでもきれいに着続ける方法~洗濯編~」

で、大切なユニフォームのエンブレムやナンバーの剥げ、ひび割れを予防する洗濯のコツについて書きました。



しかし、気を付けなければいけないのは洗濯だけではありません。

洗った後の乾燥の方法も超重要です。

そこで今回は
「オーセンティックユニフォームをいつまでもきれいに着続ける方法~乾燥編~」
を紹介します。

下に続く



【1万円分の豪華牛肉が当たる!WOMAN'S GATEプレゼントコーナー】

 《オンライン情報誌》100万人の女性のための生活情報紙「WOMAN’S GATE」2021 vol.25


 

宅配・保管クリーニング(ラクリ)・株式会社ルビー
宅配・保管クリーニング(ラクリ)

 


 




まずはおさらい。前回のコラムで紹介した洗濯のコツは

①なるべく手洗い
②無理なら洗濯機で弱水流コース、裏返しにして洗濯ネットに入れる


でしたね。ではさっそく、その続きの「乾燥」です。
といっても、約束事はとても単純。

洗濯ネットから出したユニフォームを、
裏返しのまま日陰で干してください(陰干し)。

ちなみに陰干しは、必ずしも外に干す必要はありません。
直射日光が当たらなければ良いので、屋内で干すのも立派な「陰干し」です。

逆に屋内でも日光が当たる場所で干すのは「日干し」になります。避けましょう。



「え?お日様の光で乾かしたいじゃん…」

…わかります、その気持ち。
日向のほうがなんとなく、綺麗に乾かせるイメージがありますよね。
ですが、直射日光もエンブレムやナンバーの剥げ、ひび割れの原因です。

エンブレムやナンバーは「ラバープリント」という方法では接着されています(一部異なるものあり)が、これが熱に弱いのです。





前回コラムで、
「(洗濯機では)温水(40℃以上)の使用は避ける」
と書きましたが、その理由もこれです。

繰り返しになりますが、
オーセンティックユニフォームは選手が試合中に着用するものと
全く同じ素材で作られています。
最高のパフォーマンスを引き出すため、非常に軽量な素材です。

だから、乾きやすい!
よって、日向とか気にする必要ありません。乾燥機など言語道断。
日陰で優しく干してあげましょう。

もちろん、たった一度日向で干しただけで
エンブレムやナンバーが剥げたりひび割れたりすることはありません。

しかし、ダメージが蓄積されるのは確実です。

私たちの目標は、
「いつまでもきれいに着続ける」ですから。
乾燥するときは今回お伝えしたことを心がけてもらえたら嬉しいです。

さて、長くなってしまったので本来ご紹介予定だった
【保管編】は次回のお楽しみに!








この記事を書いた人
前澤優希(Yuki Maezawa)
ゼンドラ新聞/LBM(ランドリービジネスマガジン)・記者


3度の飯よりサッカー観戦が好きなクリーニング業界紙記者(食べることも好きなので、写真はお食事中)でも最近はディズニーランドにもハマり、常にお財布の中身と格闘中

 







前澤優希の最新記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事

イドカバネット過去の人気記事
20150128-Seki-cover.jpgYシャツをきれいにたたむプロの技と旅行のパッキングのコツ
20150425-Enomoto-cover.jpgGW中にすませたい!部屋とクローゼットのデトックス
20150407-Asano-cover.jpg今すぐ実践!自宅でできる白シューズの正しいお手入れ!
20150216-Enomoto-cover.jpg洗って完璧!柔軟剤で引き寄せない!洗濯でできる花粉症対策
20150220-Nakamura-cover.jpg乾きにくい冬の洗濯物を3倍乾きやすくする干し方のコツ!
fastnar-photo01.jpgこれでイライラ0%!! ファスナーの滑りを良くする方法
20150112-Mika-cover.jpg結婚前に知っておきたい女を磨く洋服の知識・ウール製品の洗いかた
20150330-Yamamoto-cover.jpg面倒なんて言わせない 大切なお洋服を守る これで完璧!収納法
201412-osouji-yuka-cover.jpgこんなところも大掃除…誰でも簡単にできる”洗濯機の洗濯”
20150320-Nakamura-cover.jpg色移り解消の魔法の呪文「すぐに濃いめの熱いお湯」
20150404-Mika-cover2.jpg痩せて見える/ふっくら見える 色と見た目の深い関係・1
20150312-Yamamoto-cover.jpgニッポンのすべての女性に!衣替えで役立つ「3秒ルール」
20150513-Seki-cover.jpg洗濯物臭くないですか?部屋干しニオイ対策は、まず洗濯槽の洗浄を
20150318-Mihara-cover.jpg型崩れ防止をできる 長期収納向けのハンガーとはどんなもの?
20150110-moemoe-cover4.jpg実はめっちゃ汚い!!一枚のバスタオルを何日使いますか?
20150107-Aya-cover3.jpgつい持ち歩きたくなる?ニットのほつれを瞬時に隠す「魔法の針」
20150428-Mihara-cover3.jpgエステなどオイルまみれのタオルをスッキリきれいにするには
74a7c805d125814aec5797843fc.jpgニットを着る人には知っていて欲しい素材の特徴とお手入れ方法
20150414-moemoe-cover.jpg100均アイテムで作れる超かんたんミサンガのつくり方
20150426-Fukusawa-cover.jpg荷物を軽量に!キャンプや旅先で役立つお洗濯グッズ
SHARE
Twitter
Facebook
Line
google
Hatena
PAGE TOP